江原工務店スタッフブログ

畳もカラーコーディネート

植松郁美

みなさんこんにちは!住まいるアドバイザーの植松です。
正式な和室を設ける方は減ってきていますが、日本人に共通して「畳」は好まれる方が多いです。
リビングの一角に、畳スペースを設ければ、家事・育児・憩いの場として大活躍です。
ダイニング・リビングのどちらかを畳とするお客様もいらっしゃいます。
現在、床座スタイルのご家庭は、新築されても床座をご希望される方も多いですね。

こちらは、LDKのお隣りに和室を設けています。
間仕切りで区切れるので、普段は開放して広く使うことができます。
畳といえばこのカラーですよね!こちらは一帖畳ですが、縁無しにしています。
縁が無いため、フローリングと並んでいても不自然さはありません。
明るい床の色ともマッチしています。


こちらは畳スペースが小上がりになっています。
小上がりをリビングとして使用される間取りです。
こちらは、ダイケンの健やか畳を使用しています。イ草の畳ではなく和紙の畳です。
カラーバリエーションが豊富で、畳を床に合わせる事が出来ます。
(※カクテル 亜麻色×白茶色 使用)


こちらも、ダイケン健やか畳を使用しています。和室と合わせるのが難しい床色とも、
色味を合わせる事で隣り合っていてもケンカすることがありません。
シックな印象が素敵です。
(※灰桜色 使用)

ダイケンの健やか畳は、カラーバリエーションが豊富なだけでなく、従来のイ草の畳に比べ、
変色の心配・引っ掻きキズへの耐久性・お手入れの簡単さ・ダニ、カビの発生しにくい
等、メリットがたくさんあります。
見た目も、イ草の畳に劣らない仕上がりです。
和室、畳スペースをご検討の方、是非参考にしていただけると幸いです。

植松郁美
シェアする
この記事を書いた人
植松郁美

皆さんの思い描くマイホームはどんな家ですか?
広いLDK、使い勝手の良い水廻り、収納はたくさん!考え出すと、色々出てきますよね。
皆様の理想に近づけるように、家づくりのお手伝いをさせて頂ければと思います。
小さな事でも、お気軽にお話しください。

植松郁美をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました