江原工務店スタッフブログ

新築の壁掛けテレビ

竹原志乃

私が家を建てるときに憧れやりたいことリストの中に、テレビを壁掛けにすること! 今や液晶テレビといったらとっても薄くて軽くなってるからテレビを壁掛けにする人も増えているようですね。 我が家もLDKに設置するテレビは絶対に壁掛けがいい!と思っていました。
いざ壁掛けテレビにしてふと最近思うのですが、数年後テレビが壊れて
買い替える時、今と同じ大きさのテレビを買えるのか?
きっとクロスも汚れているだろうし・・・。
もちろん壁にも配管の穴が・・・。
まだ先の事とは言え、少し不安になってきました(+_+)
そこで新築時の壁掛けテレビのメリット・デメリットを紹介します♪

壁掛けテレビのメリット
■スッキリしてオシャレなリビングになる
壁掛けテレビにすると、まるで絵が掛かっているかのように見た目がオシャレで、圧迫感がなく、部屋全体がスッキリ広く見えます。
■配線のゴチャゴチャがスッキリして掃除が楽
テレビの裏側といえば、配線がゴチャゴチャしていて、ホコリも溜まりやすい場所です。周辺機器を接続したりするとテレビから色々なコードが出ていて見た目も悪くなりがちです。
壁掛けにすれば、配線を壁の中に隠すことができるので、配線のゴチャゴチャをスッキリさせることができます。その結果、ホコリも溜まりにくくなり、掃除がとても楽になりました。
■ 壁掛けだから転倒しない。
地震対策になる 壁掛けテレビにすれば、壁に金具でテレビが固定されているので、万が一地震が来ても倒れる心配はありません。
 
壁掛けテレビのデメリット
■テレビの位置を動かせない
壁掛けテレビにすると、壁に金具を取り付けるため、テレビの位置が固定されてしまいます。部屋のレイアウトを変えたり、模様替えしたいと思ってもテレビの位置は動かせません。
また、テレビの大きさやメーカーが変われば、取り付け金具の位置を変更する必要が出てくるため、かなり手間がかかります。
■テレビや周辺機器の接続に手間がかかる
新しくテレビを購入したり、周辺機器を買い替えたりすると、新たに配線をつなぎ直す必要が出てきます。
その際、ケーブルなどの配線を壁の中に隠蔽している場合、配管にコードを通したりしなければならないため、かなり手間がかかります。


せっかく注文住宅で家を建てるなら、壁掛けテレビにしてみるのもおススメです。配線の問題や自由に位置を変えられないなどの多少のデメリットはありますが、見た目のスッキリ感や掃除のしやすさなどデメリットを上回るメリットがあると思います。
                  ご参考にしてみてください!!

竹原志乃
シェアする
この記事を書いた人
竹原志乃

こんにちは。江原工務店の庶務を担当しています。
お電話でのお問い合わせや事務所にお越しいただくお客様の一番の窓口となりイベント等では受付もさせていただいています。
これから「家づくり」を始めようとされているお客様に、安心して家づくりの一歩をふみ出していただけるようお客様の窓口となり精一杯お手伝いをさせていただきたいと思っています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。お待ちしております^^

竹原志乃をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました