江原工務店スタッフブログ

黒い外観のお家

蓬田勝彦

最近、家づくりのご相談を受けると黒いお家と白いお家はどちらの方がいいのでしょうか?とご質問をいただく事が多いです。

黒いお家は10年ほど前から人気の色で1年のうち1〜2割くらい建てることがあります。

では、黒い外壁にした時のメリット、デメリットを説明したいと思います。

メリットとして黒い外壁の家にした時はモダンで落ち着いた印象の外観になるということが一番に挙げられます。

たとえば家の形や素材によってクールな都会的な印象の家にすることもできますし、落ち着いて品のある家にすることもできます。

黒はもともと洗練された高級感や重厚感のある色がある色ですが、黒を家の外壁に使うことで家の個性をいろいろ引き出すことができるんですね。

また、黒い外壁を単体で使うだけでなく、他の色や素材と組み合わせることでいろんな表情を作れるのも外壁に黒を使う時の魅力の1つです。

たとえば黒と正反対の白色を組み合わせることでそれぞれの色をより際立たせることもできます。 これはモダンな家にする時に特に効果的で、白と黒の対比がよりモダンな印象を与えてくれるんですね。

少しモダンな印象を減らしてやさしい印象にしたい場合は真っ白ではなくすこしグレーかかった色を入れるなど、合わせる色味次第で表情はかなり変わってきます。

その他、黒と木材や木目調の色を合わせても綺麗な外観の家にすることができます。

黒は少し個性的で存在感の強い色になりますが、木目調がプラスされることで柔らかい印象の家にすることができるんですね。

そのため、落ち着いた印象の家にする場合は黒の外壁に木目調を合わせるのも効果的です。

木目調の使い方次第でモダンを目指すか、それとも和モダンを目指すというように変化をつけられるのもいいですね。

一方、黒を外壁に使うと重たそうな印象の家になってしまうのを心配される方もいらっしゃいます。

ただ、黒は白と違って後退色となり、家全体のシルエットが引き締まって見えやすいという効果があり、黒い外壁を使っても重たい印象になるというケースは少ないのも特徴の1つです。

例えば家の形がボテっとしている場合は白い外壁にするよりも黒い外壁の家にして家の圧迫感を減らすこともできるんですね。

 

ちなみに、家の外壁の色で迷った場合は白い外壁ベースの外観と黒い外壁ベースの外観を作って見比べて見るのも効果的ですよ。

デメリットとしては外壁に黒を使った場合、外壁が熱くなりやすいということです。

黒は熱を吸収しやすいため、夏場は外壁が熱くなってしまうんですね。

そのため、小さいお子さんがいる場合はあまり外壁に触らせないよう注意が必要です。

ちなみに、外壁が熱くなると家の中も熱くなるかというと必ずしも家の中が熱くなるということはありません。

多くのお家では外壁通気工法と呼ばれる方法が採用されていて屋内と外壁の間には通気層があり、外壁の熱が直接家の中に入ってくるというケースは少ないんですね。

そのため、通気層を設けて断熱材をしっかり入れておけば外壁の色は室内環境にほとんど影響しなくなります。

その結果、黒い外壁を使うことで熱くなるのは基本的には外壁部分となるんですね。

その他に外壁を黒にした時のデメリットとしては、白い外壁よりも劣化がしやすいということが挙げられます。

外壁は日光や雨風にさらされる部分なので劣化しやすい場所となりますが、外壁を黒にすることで紫外線の影響も受けやすくなり、劣化しやすくなってしまうんですね。

このように黒は色褪せがしやすい色と言え、綺麗な外観を保つ場合はメンテナンスの周期も他の外壁よりも少し早めにする必要があります。

また、黒い外壁の場合は白っぽい色の汚れは目立つという特徴もあります。

たとえば鳥のフンが付けば目立ちますし、土埃など色がついているものが外壁に付くと色褪せて見えることも。

白いお家では雨だれなど黒い汚れが目立ちましたが、黒い外壁のお家では反対なってくるんですね。

 

黒い外壁にした時の見え方の基本として、濃い色にした方がお家が引き締まって見えるという傾向があります。

一方、濃い色にすると汚れがついた時や劣化した時に色落ちが目立つようになります。

そのため、メンテナンス性をとるか、それとも色の深み、どちらの優先順位が高いかというのが色味を選ぶ際の最初のポイントとなってきます。

 

その他、外壁を黒くした場合でもサッシ枠や換気口のフードなど他にも色味があるもの見えてきます。

そして、黒い外壁にする場合はこのようなサッシ枠やフードも外観を整えた方がいいですよね。

基本的にはフード部分は目立たせたくないので外壁に近く目立たない色に、サッシは目立たせる場合はシルバーやホワイトなど外壁と違った色に、目立たせたくない場合は黒い色にしてバランスを取るのがポイントです。

このように外壁を黒にした場合は外壁の色についつい目がいってしまいますが、このような細部を整えることでより綺麗に見えるお家にすることができるんですね。

まとめ

黒というのは個性的な色ですが、黒を外壁に使うことで家の見た目というのも普通の家とはちょっと違った家にすることができるんですね。

また、黒い外壁というのは素材によっても見え方がかなり違う家になってきますし、外壁以外の部分もいかに整えるかでも家の外観はかなり違ってきます。

黒というのは個性的で目立つ分だけ、どれだけ街中にうまく溶け込めるかも大事ですね。

このようなことを頭に入れておきながら、ただ外壁の色が黒いだけのお家にするのではなく、綺麗に見えて品のある黒い外観のお家を建ててくださいね。

それでは、また ^^/

蓬田勝彦
シェアする
この記事を書いた人
蓬田勝彦

はじめまして、家づくりアドバイザーの蓬田(よもぎた)です。
実は私もココ江原工務店で家づくりをしました。(OBです!)
江原工務店で家づくりを経験した私だからこそ江原工務店の良さを皆さまにしっかりお伝えできると思います。
皆さまの家づくりを全力でお手伝いしていきたいと思っておりますので家づくりでお悩みの方、ぜひご相談をお待ちしております!!

蓬田勝彦をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました