江原工務店スタッフブログ

☆地鎮祭☆

蓬田勝彦

先日は開成町にてY様邸の地鎮祭を行いました。

天候にも恵まれまして滞りなく終える事ができました。

Y様、おめでとうございます!

さて地鎮祭について少し詳しくご紹介を致します。

地鎮祭とは新築住宅工事の前に行う 神様へのご挨拶の儀式という意味です。

工事中にケガなどないようにとお祈りをする 安全祈願になります。

準備は神主さんと住宅会社がしてくれるのが 一般的になっております。

お客様がご用意して頂く物は玉串料になります。

服装については落ち着いた服装が多かったですが 最近では私服でお越しになる方が多いような気がします。

式の流れはこのようになっております。

1.開式の辞   地鎮祭の開始のご挨拶。

2.修跋の儀(しゅばつのぎ)  儀式のスタートに先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式です。

3.降神の儀(こうしんのぎ)   祭壇に立てた神籬にその土地の神・地域の氏神を迎える儀式。 神主さんが「おおぉーーー」と声を発して降臨を告げます。

4.献饌 (けんせん)   神に祭壇のお供え物を食していただく儀式。 酒と水の蓋を取ります。

5.祝詞奏上(のりとそうじょう)  その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上します。

6.四方祓(しほうはらい) 土地の四隅をお祓いをし、清めます。 切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)とも言います。

7.地鎮の儀(じちんのぎ) 斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)、斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われます。

8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)   神前に玉串を奉り拝礼します。 玉串とは、榊等に紙垂を付けたものです。

9.撤饌(てっせん)   お酒と水の器の蓋をして、神様へのお供え物をお下げします。

10.昇神の儀(しょうじんのぎ)   神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。 神様にお帰りいただきます。 再度、神主さんが「おおぉーーー」と声を発します。

11.閉式の辞(へいしきのじ)  地鎮祭が終了します。

12.神酒拝戴(しんしゅはいたい)  土器(かわらけ)の杯にお神酒を注ぎ、神主さんの合図で乾杯を行います。

そして最後に記念撮影をして終わりになります。 以上が地鎮祭の全体の流れになります。

地鎮祭の儀式自体は30分程度になりますが その後、近隣様へ工事のご挨拶をして 基礎工事の着工となります。

詳しく調べてみるとこんな意味があったのですね。

最近では家族の思い出にしたいという考えで やられる方が多いですね。 それでは、また ^^/

蓬田勝彦
シェアする
この記事を書いた人
蓬田勝彦

はじめまして、家づくりアドバイザーの蓬田(よもぎた)です。
実は私もココ江原工務店で家づくりをしました。(OBです!)
江原工務店で家づくりを経験した私だからこそ江原工務店の良さを皆さまにしっかりお伝えできると思います。
皆さまの家づくりを全力でお手伝いしていきたいと思っておりますので家づくりでお悩みの方、ぜひご相談をお待ちしております!!

蓬田勝彦をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました