江原工務店スタッフブログ

SWS式地盤調査

湯山友和

こんにちは工務の湯山です

6月に入り、とても暑くなりましたねι(´Д`υ)アツィー

現場の職人さんたちは、すでにばて気味です。とくに外仕事の基礎を施工する鳶さんたちは暑い~これから夏本番が不安だ~っと嘆いていました。すでに日焼けして真っ黒になっています。

さて、タイトルのSWS式地盤調査ですが、SWSって何かというと スウェーデン式サウンディング試験の略です。その名の通りスウェーデンで開発された地盤調査方法です。 詳しくは↓         

スウェ-デン式サウンディング試験の歴史 スウェ-デン式サウンディング試験は1917年頃、北欧スウェ-デンの国有鉄道により路盤調査に採用され、その後、周辺諸国に普及しました。日本では1976年に日本工業規格(JIS規格)に制定され、装置が簡単で迅速に測定できることから、ハウスメーカーを中心に1980年頃から戸建て住宅の地盤調査方法として採用され、2001年には国土交通省告示1113号に、地盤の許容応力度の算定式が示されたことから、現在、戸建て住宅の地盤調査方法としてもっとも普及しています。同試験は、建築業界で「SS試験」や「SWS試験」と呼ばれています。

なるほどですね。弊社も勿論このSWS式で調査を行っています。他にも地盤調査にはいろいろな種類がありますが、戸建て住宅にはローコストで短期にできるSWS調査を採用している会社がほとんどです。

家を建てた方にしか分かりませんが、調査結果が出るまでは ほんとにドキドキです。祈る気持ちです(”_”)地耐力不足だと判定されると改良工事が必要になります この費用が高いんです(‘;’)

ちなみに、私の自宅は 6区画の分譲地ですが、改良しなかったのは私の自宅だけでしたちょっと不安もありましたが、データがちゃんと出ていたのでラッキーでした(^^)いぇーい!

それでは、来週には梅雨に入ると思いますが、心はカラッと!頑張りましょう!

湯山友和 現場
シェアする
この記事を書いた人
湯山友和

みなさん、こんにちは。 江原工務店、もと大工の湯山と申します。
今まで江原工務店の家は私がほとんど造ってきました。
現場あがりの監督なので、すべて家づくりを知り尽くしております。
安心してお任せください!!

湯山友和をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました