江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

ペットと暮らす家

古澤勇揮

こんにちは。

江原工務店の古澤です。

皆さんにとって家を建てるきっかけとは、どんなものがあるでしょうか?

子供が大きくなって、または増えてきて現在の住まいが手狭になってきた。

家が古くなってきて建て替えをしないといけない。

親と同居する事になり二世帯を考えている。

この辺りがオーソドックスなきっかけでしょうか?

ただ中にはこんな方もいるのではないでしょうか?

動物が好きでペットを飼いたいけど、今のアパートじゃ無理…。

動物好きの方であれば、自宅でペットと暮らすことって憧れますよね。

ペットと暮らすための間取りの工夫

家を建てればペットを迎い入れられる環境は揃いますが、せっかくですのでペットにとっても快適な間取りを考えていきたいものです。

また毎日のお世話をラクに出来る間取りに出来たら、よりペットとの時間が充実しますよね。

例えば犬を飼う場合、日々のお散歩が必要になってくるかと思います。

室外犬であればどの様に放していくのか、ペットの遊び場や逃走防止等を考慮した外構計画になっていくかと思います。

また、庭に植える植栽も注意する必要があります。

人間にとっては無害でも、動物にとっては有害な植物って意外と多い物です。

植栽とペットを共存させる場合、万が一口にいれても大丈夫なものか、確認した方が良いですね。

室内犬の場合、お散歩の準備や帰宅時の汚れの処理などを玄関で行うことになるかと思います。

足を拭いてあげたり、リードを付けたり・片付ける場所、遊び道具なども一か所でまとめることが出来れば、毎日のことがラクになるかもしれません。

またペットが滑りにくいような床材を選定したり、もしくはペット用のコーティングが施された床材もありますが、このようなコーティング品の中にはすべりやすい物もありますので、じっくり検討していきたいです。

犬や猫の肉球はとても柔らかいので、室内の段差をなるべく無くしたり階段を緩やかな勾配で作ってあげることも効果的です。

緩やかな階段はスペース上の理由で敬遠しがちですが、ペットの為にはもちろんご自身が年を重ねた時、または怪我等で今まで通りの生活が難しくなった時など人間にもペットにもメリットのある間取り作りとなります。

間取り以外の工夫

間取りがある程度決まってくると、間取り以外の所で詳細を詰めていく事になります。

ペットと暮らすことを想定していなくても、皆さん悩まれるポイントの一つが窓の大きさや形、位置などです。

ペットと暮らすことを考えたら、窓の位置は特にこだわりたいですね。

通常採光面や通風を考慮、または借景窓といって人間の目線に合わせて外の風景が見えるように配置するのが一般的です。

ペットと暮らす場合は動物の目線に合わせた窓をいくつか用意してもいいですね。

外を眺めることが出来たら飼い主の不在時にストレスがたまることも少なくなりそうですね。

また、コンセントの位置なども気を付けたいです。

ペットが齧ったり、引っ搔いてしまって感電してしまうなんてこともあり得ます。

例えば位置を高くして届かないようにしたり、カバー付きの器具を選ぶなど、ちょっとした工夫で対策が取れますね。

家づくりとしての工夫

ペットを飼っている方は特に夏や冬、ペットの為に冷暖房を掛けっぱなしという方も多いのではないでしょうか。

仮にそうなった場合、気密性や断熱性能の悪い家だと冷暖房効率が悪く、ランニングコストが嵩んでしまう可能性があります。

ペットと暮らす家を考える場合、家を建てる会社がどの程度、断熱性能などにこだわっているか聞いてみるといいでしょう。

断熱性能や気密性が高ければエアコンに掛かるコストもその分低くなり、かつお家の中が快適になる為、ペットにとっても人間にとっても快適な空間で暮らすことが出来ます。

断熱性能のほかに大事なことが家の中の換気計画です。

エアコンを掛けっぱなしにするという事は、室内を締め切ったままにするという事です。

その為換気計画が上手に出来ていないと室内の空気が悪くなり、これもまたペットや人間にとって悪影響がありますので、どのような換気計画を考えている会社なのかも確認したほうが良さそうです。

まとめ

ペットと暮らす方の多くは、当たり前ですがペットも家族の一員と考えていることが多いかと思います。

人間にとっても動物にとってもメリットのある間取りや設備、快適性などを組み込んだ家づくりが出来たら、楽しくペットと暮らすことが出来て、充実した毎日を送ることが出来そうですね。

江原工務店のE-Styleは断熱性能・気密性を重視して壁掛けエアコンを1台稼働させれば家中の温度を均一にすることが出来る住宅です。ペットがいる・検討しているご家族にはとてもお勧めできる住宅です。

ぜひご相談ください!

古澤勇揮 インテリア 間取り つぶやき
シェアする
この記事を書いた人
古澤勇揮

家づくりについて不安なことはございますか?
ご安心下さい。ほとんどの方が初めての家づくりです。分からない事を一つ一つ解決して夢のマイホームへ一歩ずつ近づいていきましょう!お悩み事はもちろん、希望や情熱もぜひぜひお聞かせ下さい!

古澤勇揮をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました