江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

巾木いろいろ

前澤直子

巾木とは 床と壁の境目に取り付けて、納まりを綺麗に見せるための部材です。みなさんのお家にもきっと付いている部材です。

巾木はなんのため?

巾木の役割はなんでしょう?

1つ目は、壁と床の“隙間を隠す” ことです。

壁材や床材は環境に応じて伸縮するものです。それに伴い、隙間ができたり、壁紙が剥がれたりしてしまうこともあるでしょう。巾木はその隙間を隠す役割を担っています。

2つ目は、“汚れから壁を守る” ことです。

床の隅は掃除機がぶつかったりするところです。
巾木がないと、壁の下の部分が汚れたり、衝撃で傷んだりします。
巾木はこうしたダメージから壁紙や塗り壁を守ってくれるのです。

巾木の種類やデザインいろいろ

①木巾木

皆さんお馴染みの木製の巾木です。

デザインされていて洋風のインテリアに合いますね。

床の色に合わせると落ち着いた雰囲気に。

壁色に合わせるとすっきりと。若干天井も高く感じられます。

②ソフト巾木

水回りなど、床材にクッションフロアを採用する場合に用いられることがある、塩化ビニール製の巾木です。

安価で施工が簡単なので、商業施設などにもよく使われています。

③スマート巾木

基材はMDFなどですが、コンパクトですっきりとしたデザインです。

最近では部屋をすっきり見せるデザインが流行っているため、巾木もこのようなデザインが増えてきました。

シンプルインテリアには是非。

④アルミの巾木

よりコンパクトですっきりとしたデザインです。

アルミの独特な素材感があり、上質な空間に合います。

そのデザインなりに、施工性は少し難しくなります。

巾木って必要ですか?

先にも述べましたが、最近のインテリアの傾向から、巾木などの余計な(役割はちゃんとあるんですよ!)造作物はいらない、という要望が時々あります。

しかし、建築において『縁を切る』ということはとても重要です。縁を切ることによって、材料と材料の収縮差による隙間を吸収したり、音や衝撃を伝わりにくくしたり、また材料の微妙な寸法の誤差を調整したりしています。タイルの目地などもそのために設けられていますよね。

仕上げ材が異なる部分に接するところには、接合部をきれいに見せるため「見切り」を設けています。これのひとつが巾木というわけです。

このように、巾木はなくさないほうが良い、と考えます。

となると、よりすっきり見せるには?

「入り巾木」というものがあります。

入り巾木とは巾木を壁の内側に設ける方法のことで、とてもすっきりとした印象になります。デザイン性にも優れていると思うのですが、そのデメリットとして、施工も手間がかかりコストアップになってしまうということ。壁を傷などから守ってくれる効果も減少しそうです。

ですがですが、やはりかっこいいですね!

住まいを計画される際に、こんな細部のデティールにまでこだわってみるのもステキです。

前澤直子 インテリア
シェアする
この記事を書いた人
前澤直子

家をつくることは、自分らしい暮らしをつくること。
お客様の理想とする暮らしを、是非お聞かせください。
ひとつとして同じ家族がないように、本当に自分に合ったひとつだけの家を、一緒につくりましょう。

前澤直子をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました