江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

ヌックスペース

古澤勇揮

こんにちは!江原工務店 アドバイザーの古澤です。

昨今のコロナ禍で住宅の在り方も変わってきております。

よく言われるようになったのが、

外とつながるアウトドアリビングのような空間だったり、ガレージのような趣味の空間、また家族で楽しむベランピングスペース。

どれもこれからの家づくりに取り入れることが出来たら素敵ですよね。

わざわざキャンプ等、遠出をしなくても非日常を味わえそうです。

ただ、上記のような空間は全て外遊びが前提の空間です。

趣味は人それぞれ、みんながみんなアウトドア好きではないかと思いますので、今回お家の中で楽しめるスペース「ヌック」についてお話ししたいと思います。

ヌックスペースとは?

ヌックという言葉は元々、家族が集まるダイニングではなく、よりカジュアルにサッと食事を済ませるための空間の事を指していました。

現在は言葉の意味が変わってきて「小ぢんまりとした空間」という意味でつかわれるようになってきました。

具体的には壁や天井で囲われて、ちょっと横になれるような半個室のような空間の事を言います。

ヌックを作るコツ

ヌックはあくまでも「小ぢんまり」に1人~2人が居心地よく過ごせることを目的としている為、スペースを広く取る必要はないかと思います。

例えば、階段下のスペースを利用したり、窓際の空間を利用したり、ちょっとした間取りの工夫でお家の中に取り入れることが出来ます。

また、個人個人で楽しむ場所というイメージが強いですので、例えば「読書をしたい、マンガが読みたい」等の場合はヌックスペースに本棚を作った方が良いのか。など検討されてみても良いかもしれません。

巣ごもり感のある空間に仕上げることが出来たら素敵ですね。

僕が面白いと思ったのは、階段とつなげる方法です。

こちらは半個室という感じは少し薄れますが、デッドスペースになりがちな階段部分の空間を上手く使うことが出来そうです。

まとめ

今回はお家の中を居心地の良い空間、趣味を楽しめるお家にする、一つの例としてヌックをご紹介しました。

以前に比べ間取りに求めることも多様化していく中で、すこしでも満足できる空間を増やしていけたら家づくりが良い思い出になるのかなと思います。

ちなみに、このヌックスペース11月20,21(土日)の見学会のお家に採用して頂いております。

ぜひご来場いただき、体感して頂きたいポイントです。

予約見学会 | 株式会社江原工務店 | 神奈川県小田原市にある地域密着、地元の工務店

宜しければ遊びにいらしてください!

それでは、また!

古澤勇揮 インテリア 間取り
シェアする
この記事を書いた人
古澤勇揮

家づくりについて不安なことはございますか?
ご安心下さい。ほとんどの方が初めての家づくりです。分からない事を一つ一つ解決して夢のマイホームへ一歩ずつ近づいていきましょう!お悩み事はもちろん、希望や情熱もぜひぜひお聞かせ下さい!

古澤勇揮をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました