江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

エアコンの設置位置

山下菜月

こんにちは。

江原工務店の山下です!

間取りを決めるにあたり、

使い勝手や動線の良さを考えるのはもちろんのことですが、

意外と重要なことのひとつに

エアコンの設置位置があげられます。

部屋の中を快適な温度に保ってくれる、

なくてはならない家電ですが、

どのような位置に設置すると効率が良いのか、

また、注意しなくてはならない点などを書いていこうとおもいます!

是非ご一読ください^_^

部屋別でみる設置位置

光を多く取り入れ、かつ通気を考えて南側に大きな掃き出し窓がつくリビングが一般的かと思いますが、

この場合どの位置にエアコンを設置するのがいいのか?

間取りにもよりますが、より効率の良い位置とは、

長方形のリビングの場合だと、短辺の壁側につけるのが良いとされています。

部屋中にエアコンの空気を届けるには、壁を伝う必要があります。

ですが長辺側ですと壁がエアコンと離れているため、

局地的に冷やしたり、または暖めたりすることになってしまいます。

また、エアコンの周りに障害物があると、

部屋全体に行き渡らず、いつまでも設定温度にならないと、

より一層電力を消費してしまいます。

新築を計画している場合は、お引越しをしたあとどのような家具を置くのかまである程度考慮しておくと、

電気代の削減に繋がりますね。

次に、寝室に設置する場合です。

2階にエアコンを設置する場合、バルコニーに置く場合を除き、

室外機は一階まで下ろすことになります。

一階部分に下屋があったり、真下が一階の窓だったりすると

室外機を設置することができないので注意が必要です。

エアコンは一軒に一台

部屋の温度を保ってくれるとはいえ、本体代、工事費、設置後のお掃除など、

台数が増えるほど大きな問題になってきます。

そこで、リビングに設置したエアコンの空気を、

各居室に巡らせる空調設備を導入するのも一つの手ですね。

全館空調システムにくらべ、初期投資が少ない上に、

エアコンを居室の数だけ揃えなくても良い点も大きなメリットです。

まとめ

近年の異常な暑さや寒さから守ってくれる、

重要な役割を果たしているエアコンについてすこし触れさせていただきました。

一生に一度かもしれない大切なおうちづくりですので、

住んだ後も快適に過ごせるよう、精一杯お手伝いできればと思います♪

山下菜月 未分類
シェアする
この記事を書いた人
山下 菜月

皆さまと私たちが一緒に考えていくのは、お客様が一生住まう家についてです。
どんなに細かく、小さな内容でもひとつひとつ丁寧に、また分からないことや不安に思う部分とは、真摯に向き合っていくことを大切にし、納得のいくステキな家づくりのお手伝いをさせていただきたいです。

山下 菜月をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました