江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

玄関ドアもキーレスの時代!?

前澤直子

今回は玄関ドアの『カギ』について、その最新機能をご紹介します。

弊社ではYKK APの断熱玄関ドア ヴェナートD30を採用しております。

基本性能を備えながら、断熱性に優れ、デザインも豊富な商品です。

このヴェナートD30には、スマートコントロールキーがお選びいただけます。

スマートコントロールキーがこの秋リニュアルします!!

より安心に、より便利になったこのドアキーシステムについて詳しくご説明します。

スマートコントロールキーとは?

カード(このたびキーホルダー型にリニュアルされました)やリモコンで、カギの開け閉めが簡単に行えます。

カードはドアハンドルにかざすだけ、リモコンは携帯していればハンドルのボタンを押すだけで、簡単にカギを開け閉めできます。また、ドアから離れた場所からでもリモコン操作が可能です。

カギとハンドルが一体化しているので、外側からシリンダーが見えず、スッキリとしたデザインです。また防犯面からも、カギ穴が見えないので、ピッキングの対象になりにくくなります。

ラインアップは3つ。その1 ピタットキー

従来型のカードキーから、非常用キーを内蔵したキーホルダー型のキーに変更されました。

キーホルダー型キーをドアハンドルにかざすだけで施解錠できます。

従来のカードキーの場合、停電時や出先でカードを破損(ICチップの破損)してしまった場合、鍵が開けられないというトラブルがありました。

今回のリニュアルではICチップも破損しにくい形状ですし、万一の時もキーが内蔵されていますので安心ですね。

その2 ポケットキー

ポケットキーは機能面の変更はありません。よりスマートで手になじみやすい形状になりました。

車のキーと同じで、リモコンキーを携帯していればハンドルのボタンを押すだけで、簡単に施解錠できます。また、リモコンボタンを押すことで、離れた場所からも操作できます。

もちろん万が一の時には内蔵キーで解錠できます。

業界初!その3 顔認証キー

今回のリニュアルにともない、新しく搭載された新機能が顔認証キーです。

両手が塞がっている時でも、ドアの前に立ち“顔認証”するだけで施解錠できます。

子どもを抱いていたり、荷物を持ちながら子どもと手を繋いでいたりして両手が塞がっている時に、たいへん便利ですね。

顔認証センサーは、小学校低学年の子どもの認証を可能とする高さに設定しました。

このような子どもや子育て世代にやさしいコンセプトが評価され、「第15回キッズデザイン賞」を受賞しました。

スマホと連携! スマホでも解錠できます

専用アプリを入れることで、スマートフォンがカギ代わり。

万一カギを紛失してもスマホを携帯していれば、ハンドルボタンで施解錠できます。

また、アプリで家族のカギを一括で管理できます。

カギの登録は20件まで可能で、その登録も解除もアプリで簡単に行えます。

スピーカー内蔵で、設定もらくらく

スマートキーは大変便利ですが初期設定が必要です。

リニュアル後は、ハンドルに内蔵されたスピーカーが音声でナビゲーション。

煩雑な設定も音声ガイドでらくらくです。

まとめ

車でキーレスが主流になっているように、 玄関ドアのカギの開け閉めも、これからはキーレスの時代になっていくのかもしれませんね。

いまや、お財布も、定期券も、テレビのリモコンも、お部屋の照明のリモコンも、そして玄関のカギも、全部スマホひとつで済んでしまう時代なのですwww

そんなスマホ依存の世の中が空恐ろしく感じてしまう私ですが、ともあれ便利になるのは大歓迎。

カギ穴を見せない高い防犯性と便利な機能を両立したスマートコントロールキー。

是非検討されてはいかがでしょうか?

前澤直子 設備
シェアする
この記事を書いた人
前澤直子

家をつくることは、自分らしい暮らしをつくること。
お客様の理想とする暮らしを、是非お聞かせください。
ひとつとして同じ家族がないように、本当に自分に合ったひとつだけの家を、一緒につくりましょう。

前澤直子をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました