江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

シューズインクローゼットについて

山下菜月

こんにちは!江原工務店の山下です。

さっそくですが、

今日はシューズインクローゼットについて少し書かせていただこうかとおもいます。

シューズインクローゼット、

シューズクローク、

土間収納、と呼び方は色々ありますが、

全て玄関から直接アクセス可能な部屋のことをいいます。

使い勝手や動線、収納量などタイプ別に見ていきましょう。

ウォークイン型

上の写真をみると、玄関からホールに上がる前にアクセスする空間があります。

こちらの部屋は床が全てタイル、またはモルタル等で仕上げるので、

土足のままで入ることになります。

そのため、靴やコートなどの他にも、アウトドア用品や、

ベビーカー、外用のお掃除用品などもしまえて大変便利な空間となっていますね。

一方この間取りでいくと、扉がないため、手前側は来客時にも見えてしまいます。

その場合、引き戸や折れ戸を付けることもできますが、

引き戸を引き込むだけのスペースがなかったり、

折れ戸を開けた時に玄関扉に干渉してしまう、という場合は、

ロールスクリーンというパターンもあります。

多少乱雑になったとしても、サッと隠せるのはありがたいですね。

手前側が少し見えてしまいます
ロールスクリーンを付けてみました

ウォークスルー型

先程のウォークイン型は収納力は大きいですが、

靴を履く、脱ぐ、と言う点では少し不便が生じる形です。

ウォークスルー型では、玄関框がもうひとつあるので、

物をしまう⇄取る、というのが困難なくでき、

かつ来客とは別の動線なので、玄関は常にスッキリしています。

上の間取りのように、土間収納から別の部屋にアクセスできるのも大変人気です。

生活感を無くしたい方には、ぜひお勧めの間取りです。

デメリットとしては、歩くスペースを確保する分、

広さの割に収納量は少し落ちてしまうということです。

オープン型

パナソニック株式会社 – Panasonic

間取りを決めるにあたり、なかなかそんなスペースが取れないこともあると思います。

しかし、玄関周りにたくさん収納したい!と思った時、

人が入る空間が必要なわけではありません。

壁一面を収納にして、奥行きをハンガーが引っかからない程度に設定すれば、

十分な収納量を確保することができます。

棚板を設置しない箇所をつくれば、ゴルフバックやスノーボードなど、

大きめのものも同時にしまえます。

まとめ

玄関にしまいたいものは、意外とたくさんあると思います。

靴はもちろん、昨今のウイルス対策として、

コート類は玄関までしか持ち込みたくない、という方も増えています。

そのご家庭に合った収納の仕方を一緒に考えていければとおもいます^_^

山下菜月
シェアする
この記事を書いた人
山下 菜月

皆さまと私たちが一緒に考えていくのは、お客様が一生住まう家についてです。
どんなに細かく、小さな内容でもひとつひとつ丁寧に、また分からないことや不安に思う部分とは、真摯に向き合っていくことを大切にし、納得のいくステキな家づくりのお手伝いをさせていただきたいです。

山下 菜月をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました