江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

ランドリールームのすすめ

前澤直子

こんにちは。住まいるアドバイザーの前澤です。

今年も梅雨のシーズンがやってきましたね。

家の中も外もジメジメ…洗濯物の乾燥に頭を悩ませる季節です。

さて今回は、そんなお洗濯にまつわる、ランドリールームについてのお話です。

ランドリールームとはどんなスペース?

「洗う、干す、取り込む、畳む、しまう」という、洗濯にまつわる作業をすべて行える空間が、ランドリールームです。

全ての作業が一か所で行えるため家事動線が効率的で、時間の短縮にもなります。

ニーズが高まっています!!

ひとつには、近年の共働き世帯の増加によるところがあります。

家事はなるべく時短で。そして、洗濯物を昼間に屋外に干して明るいうちに取り込むことが難しく、夜のうちに洗濯し部屋干しをするご家庭もあるでしょう。

もうひとつは、環境問題です。

花粉、PM2.5、黄砂…等々。年間をとおして、洗濯物を室内干しにしたいというニーズも高まっています。

ランドリールームに必要な設備とは?

『洗う』

まずは洗濯機。手洗いできる洗濯流し的な水場もあると便利です。洗面室と兼ねる場合は、洗面台でよいですね。

『干す』

洗濯物をかける竿も必要です。

天井に取り付ける、このような商品もあります。

『乾かす』

空気を循環させて湿った空気を排出することが必須です。

換気扇、送風ファン、除湿器があると良いでしょう。

『たたむ・しまう』

作業するためのカウンターがあると、洗濯物をたんだりアイロンかけ

もできます。洗い終わった洗濯物をしまうスペースも近くにあると、一連の動作が

スムーズですね。ウォークインクローゼットをおとなりに設けるプランも考えられます。

ランドリールームはどこに設ける?

(1)キッチンの近く

家事動線を考慮して、キッチンに繋がる空間にランドリールームを設けます。

キッチンで料理や片付けをしながら、洗濯も同時進行できると時短にもなりますね。

(2)洗面脱衣室とランドリールームを兼ねる

お風呂場のとなりの洗面脱衣室に、洗濯機を設置することも多いと思います。

入浴するときに洗濯物を洗濯機にいれ、お風呂から上がったら、洗濯済みの肌着を身に着ける。そう考えると、洗面脱衣室とランドリールームを兼ねるのは有効ですし、スペースの縮小もなります。

(3)ベランダなど洗濯干し場のちかく

洗濯物を基本的には外干しする方にはおすすめのプランです。

濡れた洗濯物を遠い干し場まで持って移動するのは、毎日のことなので結構負担です。

また、急な雨や洗濯物が渇き切らないのでちょっとだけ部屋干したい時などに、

ベランダのすぐ近くに部屋干しできる場所があると、とても便利ですよね。

例えばベランダに干す場合、隣接してサンルームのようなランドリールーム

を設け、近くに畳スペース、さらにはウォークインクローゼットなどを設けられれば、理想的な洗濯動線がかなうのではないでしょうか?

まとめ

間取りのお打合せのなかでも、必ず確認させて頂いているのが洗濯動線です。

洗濯機はどこに設置するのか?

洗濯物はどこに干すのか?

洗濯物を取り込んでたたむスペースは?

そして洗濯物はどこにしまうのか?

それらを考慮して、ランドリールームに取れるスペースと相談しながら (笑)、快適なお洗濯環境をつくりましょう。

前澤直子 間取り 未分類
シェアする
この記事を書いた人
前澤直子

家をつくることは、自分らしい暮らしをつくること。
お客様の理想とする暮らしを、是非お聞かせください。
ひとつとして同じ家族がないように、本当に自分に合ったひとつだけの家を、一緒につくりましょう。

前澤直子をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました