江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

キッチン基本のき ~高さ編

前澤直子

こんにちは。住まいるアドバイザーの前澤です。

本日もひきつづきキッチンです。

前回のブログでは、キッチンレイアウトのいくつかの型についてお話しましたが、今回のテーマは「高さ」です。

使いやすいキッチンカウンターの高さとは?

キッチンの高さはキッチンに最も頻繁に立つ人の身長を目安として選ぶことになります。一般的に下記の計算式があります。

キッチンの高さ=身長÷2+5 cm

この式にあてはめると、身長160cmの方の場合は160cm÷2+5cm=85cmが目安となります。メーカーの標準品のキッチンカウンター高さは85cmとなっていますね。

このセオリーでいくと、身長150cmの人と160cmの人とでは、推奨される高さが5cmも違うことになりますね。ちょっと驚きです。

切るとき、煮るとき、洗う時・・・全部違う快適な高さ

更に考慮すべき点があります。キッチンでの作業内容によって、使いやすい高さが違うのです。

身長160cmの人を基準に見ていきましょう。

材料を切るなどのカウンター上での作業は85cm。

・コンロで煮炊き作業は80cm。

・シンクで洗いものは90cm。

これが快適に作業できる高さです。

ガスコンロをお使いの場合は、単純にごとくの高さ分、作業高さが高くなります。

また、重い中華鍋を振るう時など、作業台が低いほうがやり易いでしょう。コンロの高さをより低く抑えたいならば、ごとくのないIHクッキングヒーターを採用するのも良いかもしれません。

シンクの底面はカウンタートップより15cmから20㎝程下がっていますので、シンクカウンターは高いほうが断然洗いものが楽ちんです。

まとめ

ではどうやって、キッチンカウンターの高さを決めたらよいのでしょう?

キッチンは使う人もそれぞれ、使い方もそれぞれ、すべてを満たす解はありません。ご自分の生活スタイルを考えて、優先順位を決めて選んでいくしかありません。

現在お使いのキッチンの使い勝手を考えてみる。満足しているところ、不満に思っていることなど整理してみてください。

キッチンをいちばん多く使う人は誰ですか?一人で使うことが多いですか?お二人でキッチンに立つことが多いですか?

キッチンではどのような作業をすることが多いですか?お料理は頻繁にされますか?炒め物は多いですか?大家族ですか?食洗機は使用されますか?etc...

おのずと何を優先するかが見えてきます。

もちろん、わからないこと、疑問に思ったことなどがあれば、なんでもご相談くださいね。

最後に、身長183cmの夫と身長153cmの妻が暮らすわが家の場合 。

キッチンはⅡ型。

壁付きのコンロ側の高さは85cmとし、IHを採用。シンク側はダイニングに向いたアイランド型で高さは90cmとしました。

背の高い夫も、洗いものを担当してくれます(笑)

前澤直子 設備
シェアする
この記事を書いた人
前澤直子

家をつくることは、自分らしい暮らしをつくること。
お客様の理想とする暮らしを、是非お聞かせください。
ひとつとして同じ家族がないように、本当に自分に合ったひとつだけの家を、一緒につくりましょう。

前澤直子をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました