江原工務店スタッフブログ 江原工務店の企業名ロゴ

決めておきたい家具のこと

山下菜月

こんにちは、住まいるアドバイザーの山下です!

新しくおうちを建てる際に、間取りの決定後、次にやるべきことのひとつに

外観や内観の色を決める作業があります。

床の色や扉の色、クロスなどの大きな部分に加え、

窓の枠や巾木など細かいところもひとつひとつ決めていきます。

その際に重要なポイントが、テーブルやソファなどの家具です。

今ある既存の家具をそのまま持っていくのか、新しく買い替えるのか…

ということで今回のテーマは「家具」です(^^)

お部屋別にどのような家具があると良いのかを見ていきたいと思います!

LDK

パナソニック株式会社 – Panasonic

まずリビングに必要となってくる家具が、

  • テレビ
  • テレビ台
  • ソファ
  • リビングテーブル

このあたりになります。ソファの足の部分や、テレビ台が木の素材の場合は、

フローリングとの色合いがちぐはぐにならないように注意しなければなりません。

上の画像のように床と家具とを暗いトーンの木質素材で合わせることで、統一感がある空間にすることができます。

これらに加えてラグ、観葉植物、壁掛けのお気に入りの絵などがリビングに置く家具の代表格ですね。

次にキッチン・ダイニングに置く家具が、

  • ダイニングテーブル
  • ダイニングチェアー
  • チェスト

チェストは書き物をする際にそばにあると便利ですし、

お子さんがカウンターやダイニングテーブルで勉強するスタイルのおうちでしたら、

ペンや紙類など細々したものをしまうことができ、常にテーブルはスッキリした状態を保つこともできます。

また、書類だけでなく、箸や取り皿をいれるちょっとした食器棚にすることで、キッチンにまわることなく

テーブルセッティングが可能となります。

こども部屋

こども部屋に必要な家具としては、

  • ベッド
  • 勉強机
  • クローゼット

クローゼットは間取りの段階で最初からつくってしまう方が多いですが、

可変性のことを考えて、後から購入する、といったパターンもあります。

low-ya.com

勉強机はお子さんの成長のことも考えて、大きくなっても使えるデザインにすると良いですね。

上のような白い机やベッドフレームにする場合は、

かわいらしい雰囲気となるため、黒っぽい床や建具だとイメージが崩れてしまうかもしれません。

また、アクセントクロス、カーテンやベッドカバーなどのファブリックも大きく絡んできますので、

イメージがまとまらない場合はご相談ください(^^)

主寝室

主寝室に必要な家具も、こども部屋と同様、ベッドやデスクに加えて以下のような家具があります。

  • 本棚
  • ベッドサイドテーブル
  • ドレッサー

在宅ワークのために寝室にデスクを置く場合は、ベッドの邪魔にならないよう、空間を設けなくてはなりませんし、

例えばこれらの家具をすべて置く場合にも、クロスや建具を決める段階までにはある程度具体的に

どの家具をおくのかを決めておけば、統一感がでて良いですね。

まとめ

他にも一人掛けのソファや大きめの照明など、お気に入りの家具を配置したい!と思ったら、

早めにピックアップしておくことが大切ですね(^^)/

山下菜月
シェアする
この記事を書いた人
山下 菜月

皆さまと私たちが一緒に考えていくのは、お客様が一生住まう家についてです。
どんなに細かく、小さな内容でもひとつひとつ丁寧に、また分からないことや不安に思う部分とは、真摯に向き合っていくことを大切にし、納得のいくステキな家づくりのお手伝いをさせていただきたいです。

山下 菜月をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました