江原工務店スタッフブログ

暑さと闘う家

倉科美穂

こんにちは。住まいるアドバイザーの倉科です。

ここ数年で、日本の夏の陽気が厳しいものになっています。

やはり、気候の変化に応じて気にする内容が違いますね。

ここ数年で、サッシや断熱効果を気にしている方は随分増えました。

サッシ

弊社の標準サッシはアルミ樹脂複合サッシです。

少し前のアルミサッシと異なり、結露しにくいのが特徴です。

少しグレードを上げて、樹脂サッシを選ばれる方が増えました。

熱伝導しにくい樹脂を採用することで、大きな窓の周辺が熱くなりにくくなり

エアコン効率はかなり変わります。

ですが、断熱材ほどの性能ではないので、窓周辺の表面温度は外気に近くなります。

ガラス

弊社の標準ガラスは、複層ガラスの内側をLOW-E金属膜でコーテイングしている

LOW-Eガラスというガラスです。

LOW-Eガラスには大きく分けて2種類あります。

複層ガラスの中、外側のガラスにコーティングしてある遮熱タイプ。

こちらは太陽光の日差し、熱を遮断するように外側に膜を張っています。

複層ガラスの中、内側のガラスをコーティングしてある断熱タイプ。

太陽光の日差し、熱を取り入れて、室内の熱を逃がさないように内側に膜を張っています。

これらのガラスを変えるだけで日射取得率が20%程変わります。

ガラスによる断熱性能を上げるためには、樹脂サッシと併用することが大切です。

ですが、やはり断熱材ほどの性能ではないので、窓ガラスの表面温度は外気に近くなります。

カーテン

窓際の断熱効果を高めるために、カーテンを取り付けましょう。

ハニカムスクリーンや、遮熱カーテンなど、いろいろな種類があります。

以前、樹脂サッシの遮熱ガラスを採用したお家で、温度を測定してもらったことがあります。

日当たりのいい南側の窓、真夏の日中の暑い日。

室内側のガラス表面温度は30度でしたが、

ミラーレースではない普通のレースカーテンを挟むだけで25度に下がっていました。

エアコンの効いた状態だったので、室温まで下がっています。

薄い布1枚ですが、カーテン生地は見た目と違って密度があるので侮れませんね。

暑さと闘う家

断熱材の厚みを多少調整したところで、性能を体感するのは難しいです。

断熱方法や、断熱材自体の選定が必要になってきますが、費用は大きく変わります。

24時間換気の吸気口や排気機器で調整し、外気の侵入経路を断っていくのも一つの手です。

いろいろなやり方があります。

サッシを最小限にとどめるのか、サッシのグレードを上げるのか、断熱材を変えるのか。。。

外構で芝生や花壇などの植栽を増やすというやり方もあるので

ご自身のお住いの環境や、生活スタイルに合わせて検討していきましょう。

倉科美穂 設備 未分類
シェアする
この記事を書いた人
倉科美穂

現在のお住まいに不満点などございませんか。
お客様の生活習慣や家族構成によって、プランは異なってきます。生活導線はもちろん、お客様のこだわりポイント考慮したプランを提案いたします。

倉科美穂をフォローする
江原工務店 スタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました